bayfm

1月 30th, 2014

・クラウドファンディングはbayfmでも

byfmというラジオ局がありますがラジオ放送と連動しているクラウドファウンディングサイトが誕生しています。これは番組の中でプロジェクトを紹介して、そしてリスナーから出資してもらうという新しい仕組みです。ラジオのリスナーと一緒に新しいものを作り出せたらということをコンセプトにして、番組の中やウェブサイトの中でプロジェクトの紹介をして事業者、繰りえいたーなどの活動に資金支援を募るのが仕組みです。その第一弾は本の出版プロジェクトでしたが、開始してから2日間で目標金額の20万円を達成するという偉業を成し遂げていました。

・ラジオに接触したリスナーは高いロイヤリティを持つ

ラジオというのは接触しているリスナーが高いロイヤリティを持っている媒体です。放送のコンテンツ、そしてクラウドファウンディングというシナジーの高さを今後も期待してこれからも番組のコンテンツに連動をしているプロジェクトをどんどん公開していく予定なんだそうです。ネットでその状況などもチェックすることができるので、これはかなり便利かもしれませんね。

・プロジェクトの今後の目標は?

クラウドファウンディングのbyfmはこれから先プロジェクトを50個公開していき、合名で5000万円の資金調達をしたいと考えているとのことです。かなりビックプロジェクトとなりそうですが、今日本で最も注目されているサービスだけに実現してしまいそうな目標かもしれませんね。リスナーにとってもいい企画です。”

ベンチャー

1月 30th, 2014

・ベンチャーが増える可能性がある

クラウドファウンディングが活発になればベンチャーが増えるでしょう。ベンチャーキャピタルから出資してもらうのは難しく、銀行からの融資も受けることができないが、クラウドファウンディングからなら可能だと思って利用する人が多くなります。起業をする人にとってクラウドファウンディングはとても便利な資金調達方法です。そのことからこれまで資金調達ができなかったので、ベンチャー企業を立ち上げることを躊躇していた人たちも手軽に立ち上げることができるようになりベンチャーが誕生しやすくなるかも知れ暗線。

・ベンチャーをサポートしてくれる味方

クラウドファウンディングは金融機関がお金をかしてくれなかったり、自分たちの可能性にかけてくれなくてお金が集められなかった人たちにとっては心強い味方です。ベンチャーをサポートしてくれるわけですからこれで夢がかないます。資金調達方法として新たにこれからもっと利用する人が増えるのかもしれません。

・トラブルには注意

ベンチャーを支援してくれるとても便利なサービスではありますが、お金を集めるだけ集めて計画が甘かったので実行できなかったということになってお金を集めたけど実行しない、そして逃げる、そんなトラブルもすでに起きていますので、これからは詐欺やトラブルに対応できるクラウドファウンディングのサービスを考えることも、ベンチャー支援と共に重要視されてくるのではないでしょうか。”

アメリカ最新事情

1月 30th, 2014

・アメリカは日本よりも進んでいる

クラウドファウンディングは当然のことながら米国は日本よりも活発に利用されていますし盛り上がっているのが特徴です。クラウドファウンディングの世界的な会社も米国発祥というところが多いのも現状です。日本も少しずつではありますが米国のように盛り上がりを見せているのですが、なかなかアメリカほどはまだ盛り上がっていません。

・最大手のキックスターター

クラウドファウンディングの最大手、米国のキックスターターはこれまでに6万以上のプロジェクトを達成していて、200億円の資金調達をした実績があります。審査対象はすべてのジャンル、クリエイティブなプロジェクトということで、慈善事業、寄付活動以外のすべてが対象です。景品型サイトになっていて、プロジェクトに対しての協賛金に見返りということで景品を提供しています。目標金額になれば、資金調達が成功になってプロジェクトが確定する仕組みで、利用者が多いのが特徴です。

・アメリカでのセキュリティもクリア

クラウドファウンディングでは、詐欺やトラブルになることを防ぐために、米国ではグリーンカード保有者でなければ利用できなかったり、セキュリティーナンバーを保有している人でしか利用することができないなどの特徴があります。これまでに多くの実績を成功させてきた背景にはきっと詐欺やトラブルなども起きていたのかもしれませんが、こうしたこともクリアした上で運営されています。”

ビジネス活用

1月 30th, 2014

・ビジネスとして成功できるのか

クラウドファウンディングをビジネスとして日本で成功させることはできるのでしょうか。このサービスはとてもいいサービスではありますが実際にこのサービスを運営する側になり立ち上げてビジネスとして運営するのは可能なのでしょうか。投資型の場合には免許などが必要ですからビジネス参入はなかなか難しいと思いますが購入型モデルならビジネス参入もできないことはありません。

・クラウドファウンディングは厳しいビジネス業界

クラウドファウンディングをビジネスとして行うのはかなり厳しいかもしれません。なぜなら1つのプロジェクトごとに集まるお金が小額です。数十万円というのが多くの案件の相場ですので、手数料を5パーセントとった場合でもあまり収益が上がらないのです。そして審査にも時間がかかります。詐欺やトラブルになってはいけませんので、1案件を処理するのに時間がかかりすぎますから、一ヶ月にこなせる案件数が限られてきて、それほど儲けにつながらない可能性があります。

・手数料を高く取ることが難しい

キャンプファイヤーというサービスがありますが、こちらは海外最大のキックスターターに比べると手数料が高いです。ですが、それでも厳しい現状ですから、売り上げのことを考えてもっと高い手数料をとった場合には、批判されたり利用する人もいない可能性もありますのでとても厳しい現状になりそうです。手数料にそれほど取られるなら自分で集めるという人も出てくるかもしれませんので、ビジネスとして成り立たせるにはかなり難しい問題があるでしょう。”

all or nothing

1月 30th, 2014

・all or nothing形式とは?

クラウドファウンディングは、基本はプロジェクトを行うにあたっての目標金額が設定されていて、その金額を超えなければ支援が得られないall or nothing方式を採用しています。ですから支援した人にかかる負担が減ります。企画した人はそのプロジェクトにかかる支援金の目標額と募集期間を最初に設定します。そして決めた期間内に目標金額の支援金が集まったらプロジェクトをすいこすることができるという方法です。そして支援金ももらえるという流れです。

・支援者の資金決済方法

支援してくれる人がお金を出してくれますが、決済方法は、ペイパルや銀行振り込み、クレジットカードなどを利用することができます。クラウドファウンディング会社によってもこれは違っているので、それぞれの提供している会社をチェックする必要があります。

・これからの成長性は?

クラウドファンディングはall or nothing方式を採用していますから、支援する人にとってはリスクが少ないのが特徴ですが、日本でこれからどれくらい成長するサービスなのでしょうか。世界では今かなり急成長している業界ですが日本でもこれから急成長すると予想されます。これからはサービスの差別化を図って、総合的なサービス提供サイトを運営するよりも、ある特定のジャンルに絞って、限定したサービスを提供する会社が増えてくるのではないでしょうか。そして都道府県ごとに提供するサイトが誕生する可能性もありますので、これから成長することは間違いないでしょう。”

アイドル

1月 30th, 2014

・アイドルとは相性がいい

クラウドファウンディングでアイドルを活用している例が今増えつつあります。エーベックスのアイドルのデビュー資金を調達したり、映画の製作資金を集めたりするという使い方をしているところも多いようです。とあるアイドルの場合には目標額が100万円でしたが、その目標額に対して達成額は160万円だったということですので、かなり大成功を収めているといいます。そして別のアイドルにおいても、目標が300万円で、まだ終了していないのにもかかわらずすでに360万円の資金が集まっているということですから、アイドルを対象にした場合、かなりの資金が集まることが予想されています。

・アイドル好きが出している!?オタク事情

誰でも出すことができるので、出資しているのはアイドルが好きないわゆるオタクといわれている人たちだという統計も出ています。今、アイドルを支えているのがこの層の人たちですがデビューをするのに一役買ってほかのファンとは差別化を図りたいと思っている人がとても多いようです。そのためにアイドルを対象にしているとすぐに資金が調達できるという背景があるのでしょう。

・他のファンとの差別化を図りたい気持ち

アイドルに出資するおたくは、アイドルが成長する過程に関与したいと望む人が多い、そしてアイドルに出資することによってほかのファンとの差別化を図りたい、優位に立ちたいと考えている人がとても多いのです。そのことから特に日本では、アイドルのデビューを企画するとかなりの出資金が集まるというのです。”

アプリ

1月 30th, 2014

・アプリ開発者向けのクラウドファウンディング

これまでいろいろなプロジェクトへのクラウドファウンディングがありましたが、アプリ開発者向けのサービスも始まっています。普通のクラウドファウンディングで審査対象がすべてのジャンルとなっているところでもこれまで、アプリ開発者が応募することはできたのですが、専門のアプリ開発者だけを対象としていることもあり審査に通りやすい特徴があります。メリットは普通のクラウドファウンディングと違って、ノベルティ、特典をあげる仕組みではないという点です。アプリの売り上げが上がれば、利益から一部還元するというスタイルなのです。

・AppBacker

Appbackerがアプリ開発者用のクラウドファウンディングですが、アプリ開発に対しての企画を出して、それからファンドで開発費を集めます。そして開発をする時点で開発者は採算成功となり、リリースをして、売れれば利益の一部がファウンダー二還元されるという仕組みです。開発者は目標達成で調達した時点で黒字になりますから安心です。

・先行購入ではない

アメリカ大手のkickStarterは先行購入というスタイルだったのですがこのアプリ専用のクラウドファウンディングは出資調達が目的です。支払いがPaypalになっているので、アメリカだけでなく日本人開発者でも利用できるメリットがあります。今アプリ開発に力を入れたいと思っている人は普通のサイトではなくてアプリに特化したサイトをチェックしてみることをお勧めします。これで成功する確率も上がります。”

アメリカ

1月 30th, 2014

・アメリカでも盛り上がっている

日本でも今ハクラウドファウンディングという仕組みが少しずつではありますが広がっていて盛り上がりを見せているのですが、アメリカでもクラウドファウンディングは盛り上がりつつあります。アメリカでは株式を通じて行うことが認められているので、起業を対象にしたクラウドファウンディングが活気付いているのが特徴です。

・アメリカのタイプ

アメリカでは大きく分けると4つのタイプに分けることができます。寄付型、景品型、デット型、エクイティ型の4つに分かれます。アメリカではエクイティ型が認められ始めたことによって新たに活気があふれている傾向にあります。投資詐欺、不正決算操作など、上場企業でもいろいろなトラブルがあるのですが、これからもまだまだ試行錯誤の上で盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

・アメリカで一番有名なサイト

kickatarterというサイトがアメリカのクラウドファウンディングのサイトでは一番有名です。これまでに6万以上のプロジェクトの実績があり、200億円の資金を集めた実績があります。審査対象はすべてのジャンル、クリエイティブなプロジェクトになっているのですが、慈善事業、寄付活動の取り扱いはありません。景品型のサイトになりプロジェクトに協賛したお金の見返りとして、景品が渡される仕組みです。目標額に達すれば資金調達が成功したことになり、これでプロジェクトの確定が決まるという仕組みです。資金調達額の5パーセントが成功報酬として支払われています。”

アート

1月 30th, 2014

・アートのクラウドファウンディング

クラウドファウンディングは、志を持っている人や団体に対しての資金をインターネットを通して、支援者から集める仕組みのことを言いますが、アートのクラウドファウンディングも多数あります。個人から、団体まで幅広いものがあるのですが、最近はプロジェクションマッピングを企画しているイベントもありますし、壁画などもあります。海外の国とのコラボイベントなど豊富に募集があります。

・プロジェクションマッピングの募集

アートのクラウドファウンディングの1つに大学が主催して大学内の講堂で行うプロジェクションマッピングを企画していて、それに対しての支援を募集しているものがネットにありました。機材を調達するにはお金もかかりますし、イベントを成功させるためには何かとお金がかかりますので、そういった手段として募集できるのはありがたい企画です。

・フェスティバルの企画

海外や国内のアートに関するフェスティバルの募集などもあります。達成率が表示されているサイトなどもあり、集まったお金の金額によって達成率を見ることができるので、後どれくらい足りていないのか一目でわかりますので、とても参考になります。子供関連、海外とのコラボ関連の実施がとても多いようで、多く集まっているイベントでは30万円近い額が集まっているケースもあります。中にはまだ達成率に程遠いイベントもありますが、これからまだ支援してくれる人を探していくのでしょう。”